社会福祉法人 新宿区社会福祉協議会

menu
文字サイズ

「平成29年度若松町・大久保・戸塚地区 第1回地域見守り協力員連絡会」

 【平成29年度第1回地域見守り協力員連絡会】

 

 社協では、高齢者が安心して暮らすことのできる地域づくりのために、地域見守り協力員事業を行っています。地域見守り協力員を対象に、年3回、地域見守り協力員連絡会を開催しています。

 今年度、第1回の連絡会を5月に行いました。中央地区の若松町・大久保・戸塚のそれぞれの地区での連絡会では、見守り協力員事業についての社協からの連絡事項、関係機関による講話とグループでの意見交換を行いました。

 

 各地区の講話は、以下の内容でした。

 

・若松町地区は、新宿区 高齢者支援課の職員による

「高齢者の生活上の変化に気付くには」~若松町地区の特性から考える~

 

・大久保地区は、大久保高齢者総合相談センターの職員による

「見守り活動時に注意すべきポイントについて」

 

・戸塚地区は、新宿区 消費生活就労支援課の職員による

「高齢者に多い消費者被害について」

 

 協力員の皆さんからは、講話の後に行ったグループでの意見交換で、「講話が見守り訪問時に直接役立つ内容だった」との感想を多くいただきました。

 この他に、「高齢の利用者と話をする中で学ぶことが多い」、「活動をすることで利用者から元気をもらう」、「毎月訪問をして、喜んでもらえることにやりがいを感じる」などの意見がありました。

 

 社協では随時、地域見守り協力員として活動をしてくださるボランティアを募集しています。ご興味のある方は、是非気軽に地域活動支援課までお問い合わせください。

 

若松町地区

 

大久保地区

 

 戸塚地区

 

2017年06月15日