社会福祉法人 新宿区社会福祉協議会

menu
文字サイズ

災害ボランティアセンター

 新宿社協では、新宿区との協定により、発災時に新宿区が立ち上げる災害ボランティアセンターへ職員を派遣し、運営支援及び災害ボランティアのコーディネートを行います。

 発災時に災害ボランティアセンターがその役割を遂行できるよう、平時から災害ボランティア養成講座などを実施しています。講座を修了した災害ボランティアには、地域本部(各特別出張所に設置)での運営支援を担っていただく予定です。

 また、国外の被災地で支援活動実績があるNPO・NGOなど及び区担当部課を構成とする「新宿区災害ボランティアセンター関係団体意見交換会」を開催し、協力・連携を進めています。

 

【災害ボランティアセンターの活動内容】

 大規模災害が発生し、災害ボランティアセンターが設置されると、ボランティアの募集が始まります。センターには、被災地からのニーズが集まり、様々なボランティア希望者が訪れます。

 災害ボランティアセンターでは、日々変化する被災状況を考慮しながら、効果的な支援を行うためのニーズ把握や調査、活動のコーディネートなどを行います。

 

            運営模擬訓練の様子

  災害ボランティアセンター設置運営訓練の様子

        

令和2年7月豪雨の支援情報について(2020年07月07日)

 令和2年7月初旬から発生している豪雨により、九州地方を中心に水害が発生しています。

 

 支援情報については、下記サイトにて情報掲載があります。

 

全国社会福祉協議会 被災地支援・災害ボランティア情報2020年7月九州南部豪雨

https://www.saigaivc.com/2020/07/

 

東京ボランティア・市民活動センター 令和2年7月豪雨災害支援情報

https://www.tvac.or.jp/news/50505

 

 なお、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、被災地外からの災害ボランティアによる支援については慎重な判断が求められています。被災地等から発信されるボランティアの募集情報をご確認ください。

 コロナ禍における災害ボランティア活動・避難所運営等のガイドラインは、JVOAD(特定非営利活動法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク)のホームページで紹介されていますので、ご参照ください。

http://jvoad.jp/

 

 豪雨に見舞われている方々の安全をお祈りするとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

お問い合わせ
地域活動支援課(新宿ボランティア・市民活動センター)
高田馬場事務所
TEL:03-5273-9191 FAX:03-5273-3082